2012年06月25日

荷造りをしながら〜人生って素晴らしい。

箱につめましょ~~

私はたぶん、人生で初めて全てにおいて素直に生きている気がしています。

もちろん、寂しくてすねて、かわいくないときもありますが(笑)

ちなみに、 ↑ 上の写真は、今週末に北海道で着るウェディングドレスとお色直しドレス。

このドレス達を先に北海道へ送る荷造りをしながら、素直にわいた気持ちを書きます。

人生って本当に素晴らしい!! そう感じています。

(説明をさせていただくと、先月東京(横浜)での披露宴がありました。
が、ヒデさんの故郷、そして私の父昭夫の故郷でもある北海道でも、
ライトな披露パーティをやることになりました。)

私はずっとずっと、10代から仕事だけが大好き人間でした。

私の青春時代とは。。。歌ったり、作詞したり、時にものすごく若い頃はタレント活動したり。。。

そんな青春でした。 それが青春でした。が、正解かな。。。。。

たぶん、多くの皆さんがその時代だからこそ、見て感じた風景や感情、
そういうものを、私は経験していないんだと思います。

時にそれが、私を寂しくさせたり、例えようのない不安に私を追い込むときもありました。

そんな時いつも私は「仕事は頑張れば裏切らない!!」と強く心に言い聞かせてきました。

その喜びも、悩みも、悲しみも、本当はみんなに伝えればいい事を、うまく甘えられない性格で一人で受け止めようとしていた気がしています。

。。。。。そして時は流れ、いつの頃からか、仕事は仕事として本当のプロでなくてはいけない!!
私はプロとして恥ずかしくないのか!?と更に強く感じ、考えるようになりました。

うまく言えないけれど、いつからか仕事は私自身になり、どんなことがあっても消す事のない、
私そのものになっていたのだと思います。だからこその孤独もありました。

そんな頃、私が本当に信じられる、どんな私も大きな気持ちで受け止めてくれるヒデさんと巡り逢いました。

優しさ、強さ、誠実さと、少しのかわいらしい我がままさをもって、
私を笑わせて、時に泣かせ(笑)、人としての愛情を本気で教えてくれる、
素晴らしい人と巡り逢いました。

つくづく私は本当に幸せだな、と感じています。 神様、ありがとう!!と毎日思うぐらいに。

そして、私のフラメンコへの情熱も、揺るぐ事のなく、日々喜びと責任を感じています。

私の愛する全ての生徒達が、みなそれぞれの生活のなか、時間を作り教室に通ってくれています。

全てに縁があり、繋がっているのだと強く感じながら、日々スタジオの鏡前センターに立ち
指導させていただいています。

私を支えてくれる全ての人たちが、胸を張っていられるよう、
そして、私がそんな人たちの何かの支えになれるよう、そんな自分になれるよう
何事においても、精一杯向き合っていきます。

なんだか、長くてすみません。  読んでいただいたみなさん、ありがとう。

こんな私ではありますが、とにかく一生懸命頑張ります。

いつも、気にかけてくれてみなさん、ありがとう。明日も頑張ります!!

ちなみに ↓ の写真は、そんな私を横目に!?王子君カリカリをカリカリ食べてる写真ですぅ。

可愛いすぎますベイビィちゃん。


愛しの可愛すぎる王子君


mikiishioka at 23:49|PermalinkComments(5)
石岡美紀

Web Site:

石岡美紀オフィシャルサイト

10代から作詞家として多数作品提供。

 

1991年9月1日 ポリドールよりアルバム『Good Morning』でメジャーデビュー。 同年、日本テレビ新人音楽祭にて新人賞を受賞。 以降ポリドールより5枚のアルバム、9枚のシングルを発売。

 

歯に衣着せぬトークに定評があり様々なラジオ番組のレギュラーを持つ。 雑誌FM STATION  FMパーソナリティ人気投票 1994年、1995年度 女性部門1位に選ばれる。

1998年、フラメンコ舞踊に魅入られ活動を休止。

1999年、スペイン セビージャに留学。

2001年より講師活動開始。 その後、石岡美紀フラメンコ教室を主宰。

2011年7月、石岡美紀プロデュース初公演にて 「エンタテインメント・フラメンコ」(フラメンコとポップスなど他ジャンル音楽との融合) を発表。

2011年9月、20周年ライブを期にシンガーソングライターとしての舞台から退く。

2011年9月 新スタジオ石岡美紀フラメンコ教室~estudio LIBERTAD~エストゥディオ・リベルタ設立。 後進の育成に力を注ぐ。

2013年 サザンオールスターズ ドラム松田弘氏プロデュースによる″緋色VOICE” LIVEにて 、スペシャルゲストとして出演。

2016年12月 東京タワーTV 「2016年ベストパフォーマンス大賞」 受賞

2019年12月 ペット看護士・ ペットセラピスト資格取得

振付、プロデュース能力をかわれ様々なアーティストの振付及びダンサーとしてのツアー参加など多数出演。